ムダな話をともにしよう

くだらないことから真面目なことまでジャンルフリー

酒弱若造には辛過ぎる「社会人特有のノリ」が蔓延する会社の飲み会

先日会社の飲み会に参加してきました。僕はアルコールに大変弱いのですが、全く飲まないのも楽しくない。ですので、友人と飲むときなんかは自分のペースでちびちび飲みながら楽しんでいます。その程度でもちょうどよく酔いが回ってくるんです。コスパ抜群の体質。

 

さて、何度も参加している会社の飲み会ですが、楽しいから参加しているわけではなく、断る事ができない状態。

「お前くるやろ?は?来ないの?いやいやwはい参加ねw」

こんなしょうもないことを言われて参加しています。参加するというか、参加になっているという感じ。最近では、下っ端であるが故に幹事をやらされているのでどうしようもないです。こんな感じで不満タラタラですが、元々飲み会は好きなんです。ただ、どうしても会社の飲み会を楽しめない。

 

では、なぜ会社の飲み会を楽しめないのか。

 

それは、「社会人特有のノリ」のせいです。

 

 

f:id:nishimaal:20180701222528p:plain

 

 

風習と呼ぶかもしれないし、社会人のマナーかもしれないですが、お酒に弱い僕からすると、ただのノリ。自分のペースを守ることで飲み会を楽しめていた僕ですが、このノリのせいで会社の飲み会は辛く感じるようになってしまいました。

 

その1:ビールを注がれそうになったら飲まないといけないノリ

グラスが少しでも空くとビールを注ぐノリありますよね。あれを立場が上の人からされた場合、残ってるビールをグッと飲み(時には飲み干し)、注ぐスペースを作らないといけません。自分のペースで飲まないとしんどい僕にとってはただただ苦痛。「ちょっと飲めないんです」なんて言おうもんなら、四方八方から「上司の酒を断ったらダメだろ!w」と言葉が飛んできます。この風習は社会人のマナーかもしれませんが、アルコールに弱い若者からすると悪ノリにしか見えません。酒のペースは人それぞれであり、他人に強制させるものではないと思います。

 

その2:おいおいグラス減ってないじゃん!って言うノリ

ちびちびと自分のペースで飲んでいる僕のグラスは、周りと比べると圧倒的に減るのが遅い。するとそれを見かけた人がすかさず突っ込んできます。
「おいおい、全然グラス減ってないじゃん!」
そんな、誰がどう見てもわかることをこれ見よがしに大声張り上げなくても・・・でも大声が大事なんでしょう。その声に他の人が気づき、束になってもっと飲むよう僕を攻めてきます。ナイスコーチングですね!これをノリと言わずに何と言いましょうか。減ってないかもしれませんが、このペースじゃないとキツイんです。

 

その3:酒弱いなんて情け無いなあ、と、けなすノリ

その1その2のノリの最中で僕は、お酒に弱いことをちょろちょろアピールします。すぐに頭が痛くなったり気持ち悪くなるので先手を打って自分を守るのです。流石にこのご時勢、これでも強制的に飲ませる人は会社にはいません。しかし、飲ませることができず鬱憤が溜まるのでしょうか、必ず言われるのがこの言葉。「酒弱いなんて情け無いなあ!」いや、アルコールの体質と性格はさすがに関係ないでしょう。こんな若造の僕でもわかりますよ!これはもう、ノリで言っているとしか考えられません。

 

その4:酒が飲めないなんて仕事できないぞ、というノリ

だいたいその3とセットになっているノリ。こじつけにもほどがあるだろと思う一方、お酒が飲めることで生まれる仕事があるのも事実なのでなんとも言えない気分になります。辛いのは、その3の発言者とは別の人が言ってきた時。相手は2人。こっちは1人。2対1の数的不利。さらに相手の方が地位が上だったり声が大きかったりするので、他の人が相手側につくんですね。こうなると複数人からただ責められるだけ。もはや悪ノリですね。アルコールに弱いというだけなのに。それぞれのペースで楽しめばいいだけなのに。

 

その5:つぶれるのも経験経験!わっはっはwのノリ

これまでのその1〜その4のノリ全てを正当化してしまうノリ。そんな事今更言われなくとも、こちとらその経験は学生時代に経験済み。いい大人が何を言っているんでしょうか?学生時代の経験を通じて自分の酒の弱さを知ったし、その上で楽しめる飲み方を身に付けたのです。このノリのどうしようもないところは、その1~その4のノリで苦しんでいる人がいることなんぞつゆ知らず、自分たちのこれまでの悪ノリを全肯定しているところ。これにより自分たちの非を感じることなく、いい気分で終わっていきやがるのです。

 

酒弱人間からの最後の訴え

åã³ã³ã®ã¤ã©ã¹ãããã¼ã«ã§ä¹¾æ¯ã

 

ようは、酒が弱くてもみんなで楽しく飲み会したーい!ってことです。会社の飲み会は、決して酒に強い人が偉いわけじゃないし、弱い人が惨めになる場でもないはず。酒をガンガン飲むことだけが飲み会の楽しみではないのです。まあ、会社の飲み会にはいろんなことがつきまとうので単純に楽しむ事は難しいですが、酒が弱い人への「社会人特有のノリ」はこちらからするとただただ辛いだけ。最近の若者は酒が弱いだの、飲み会に来ないだののボヤキも、なんだか悪者にされているように感じてしまいます。酒が弱い=悪いこと・・・?

 

僕のように、酒に弱いせいで会社の飲み会を居心地悪く感じている人。

なんとか会社に周りに理解してもらいたいものですよね。

こっちも楽しめるなら楽しみたいんじゃああ!

 

 

以上、にしまーるでした。